*

「健康」に過ごすということ

一言で「健康」と言っても、それがどういう状態なのかお分かりでしょうか。

 

まず、身体の健康。

身体の健康については、多くの人が関心を寄せるところであり、人間ドックなどで、定期的にチェックしている人も多くいます。

また、不調を感じれば、すぐに病院に行って医師に相談するでしょう。

 

そして、心の健康。

これについてはどうでしょうか?

不調を感じても、病院に行って医師に相談するという人は少ないのではないでしょうか。もしくは、限界まで我慢して、重症化してしまう…なんて事もありそうですね。

 

身体と心の両方が良い状態でいる時に「健康」と言えるのではないでしょうか。

では、具体的にはどんな事をして健康を保つのか考えてみましょう。

 

まず第一に、朝食。

忙しい現代人。朝食を撮る時間もない人が多いのが現実です。

しかし朝食抜きは、健康を語る上で言語道断です。

ゆっくりバランスの良い食事を摂れれば一番良いのですが、まずは、朝食抜きの状態を脱する事を心掛けましょう。

 

第二に、睡眠。

若い人は特に、日中仕事など忙しいが為に、夜、自分の趣味などやりたい事に時間を使って、睡眠時間を削るようです。

しかし、睡眠不足は脳の働きを鈍くさせるので、なるべく熟睡できる時間を確保するようにしましょう。

 

第三に、笑い。

笑う事は、精神的な健康に大きく関係していますが、病は気からとも言うように、身体の健康にも深く関わってきます。

精神的なストレスは、ありとあらゆる病気の源なのです。

よく知られている事ですが、笑いは人間の免疫力を高める効果もあり、健康でいる為にはとても重要なのです。

 

朝食、睡眠、笑い。

当たり前でいて、忙しい現代人には難しい基本的な事。

もう一度、見直してみてはいかがでしょうか。

髪の健康についてはコチラから